members

文部科学省:先端研究基盤共用促進事業(共用プラットフォーム形成支援プログラム)

原子・分子の顕微イメージング プラットフォーム

本プラットフォーム事業は、産学官が共用可能な研究施設・設備等について、その整備・運用を含めた施設間のネットワークを構築し高度な計測分析機器を中心としたイノベーション創出のためのプラットフォームを形成することにより、日本の研究開発基盤の持続的な維持・発展に貢献することを目的とします。

各参画機関の先端的イメージング分析装置を共用プラットフォーム化し、バイオ・材料・環境・エネルギー・宇宙にわたる研究開発をサポートすることにより当該分野の新たなイノベーションを創出する環境を整えるとともに、その計画を積極的に推進する人材を育成します。また、プラットフォームにおける新しい計測分析ニーズに合致するイメージング技術・機器を、産学連携により開発し、ユーザーにフィードバックする仕組みを構築します。

お知らせ

イベント情報

プラットフォーム利用課題

  • 次回申請締切 平成29年7月31日(月)

申請方法は、利用課題公募要領をご参照下さい。

技術習得プログラム

  • 申請締切日は「プラットフォーム利用課題」の締切日と同じです。

申請方法は、新技術習得プログラム公募要領をご参照下さい。

技術講習会

第17回技術講習会 平成29年8月28日(月)@浜松医科大学
国際マスイメージングセンター 利用説明会・機器利用講習会

日時:
 平成29年8月28日(月)10:00~

場所:
 浜松医科大学 講義実習棟2階 201講義室

参加費:
 無料 ※要参加登録(参加申込締切・8月21日)

内容:
 10:00~12:00 利用説明会
         国際マスイメージングセンターの装置利用の手続きについて説明いたします。

 13:00~17:00 機器利用講習会
         国際マスイメージングセンターの装置のデモンストレーションを行い、使用方法について学んでいただきます。

 18:00~20:00  情報交換会
         同時開催されるメディカルフォトニクスコースと合同で行います。

問合せ先:
 細胞分子解剖学口座(山崎:yamazaki@hama-med.ac.jp)
 国際マスイメージングセンターHPに申込書がございます。ご覧ください。
 
<お問い合わせ先>
浜松医科大学 国際マスイメージングセンター
〒431-3192 静岡県浜松市東区半田山1丁目20番1号
Mail:ims@hama-med.ac.jp
Tel:053-435-2086
 
アクセス案内・https://www.hama-med.ac.jp/uni_access.htm

第16回技術講習会 平成29年8月25日(金)@浜松医科大学
Accelerating MultiModal Molecular Imaging: Innovations in structural elucidation.

Maastricht Universityより Ron Heeren教授を招聘してセミナーを開催いたします。本セミナーは大学院講義の一環ではありますが、本学の教職員、医師、学生をはじめ、学外の方も自由に聴講できます。ふるってご参加ください。

Accelerating MultiModal Molecular Imaging:
Innovations in structural elucidation.

Professor Ron M.A. Heeren
Maastricht University

State-of-the-Art molecular imaging with MS now enable high resolution tissue screening that provides direct insight into tissue metabolism. Applications have penetrated various research domains from drug metabolism to the visualization of molecular signaling pathways in cancer. In this lecture we will demonstrate how mass spectrometry based multimodal molecular imaging can be used to reveal the cellular phenotypes. We will discuss the development and application of new MS based chemical microscopes that target biomedical tissue analysis in various diseases as well as other chemically complex surfaces. There is a clear need to add analytical structural separation utilizing ion mobility of gas phase ion chemistry. We will demonstrate how to elucidate the way in which local environments can influence molecular signaling pathways on various scales. The integration of this pathway information in a surgical setting is imminent, but innovations that push the boundaries of the technology and its application are still needed. The imaging MS community is driving translational molecular imaging research and these needed developments rapidly forward.

More and more researchers realize that a single technology provides only a subset of the molecular information needed to obtain an in depth understanding of a clinical problem. Multimodal approaches enable the study of clinical samples at a variety of molecular and spatial scales. The molecular complexity on the genome, proteome and metabolome level all needs to be taken into account. The distribution of several hundreds of molecules on the surface of complex (biological) surfaces can be determined directly in complementary imaging MS experiment with different desorption and ionization strategies. High throughput, high resolution MALDI techniques offer three dimensional molecular data on the tissue level. Ambient desorption and ionization techniques complement MALDI in their capabilities to reveal different molecular signatures that can be employed for direct tissue typing in molecular pathology. State-of-the-art molecular imaging mass spectrometry has evolved to bridge the gap between different disciplines such as MRI, PET, fluorescence imaging and histology. The combination with tools from structural biology makes it possible to perform imaging experiments at length scales from cells to patients.

日時: 8月25日(金) 17:30 ~ 19:00
場所: 臨床講義棟 大講義室
問合せ先:細胞分子解剖学口座(山崎:yamazaki@hama-med.ac.jp)

枠内をクリックすると詳細が開きます。過去の開催実績はこちら

問合せ先

プラットフォーム利用 問合せ窓口

北海道大学 創成研究機構 イメージングプラットフォーム推進室(略称 IIL・アイアイエル)
iil@mail.cris.hokudai.ac.jp
〒001-0021 北海道札幌市北区北21条西10丁目
北海道大学 創成科学研究棟 01-320